- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト大阪北

日産スクラッチシールドの施工について

日産ティアナのご入庫です

こちらのお車は日産のスクラッチシールドです

「???」という方はこちらをご覧いただければと思います。

【日産スクラッチシールド】

解説によると・・・

「装表面にキズがつきにくく、ある程度の擦りキズが生じた場合も、時間の経過とともに、キズが生じる前の状態までほぼ復元する」

というものらしいです。

画期的だ!!!
魔法の塗装だ!!!

とさえ思ってしまいます。

最近、お客様でこのスクラッチシールドのお車を買われる方がとても多くなっています。

で、実際に入庫されたお車をちょっと見てみましょう・・・

03031.jpg

う~ん、傷はありますねぇ~
大きな傷だけでなく、小傷もあります。

そうだなぁ。たぶん傷が回復するというよりも、通常の傷よりも付きにくいというイメージの方がいいと思います。

で、このスクラッチシールドの下地処理ですが、通常の下地処理はNGです!!
注意が必要です

新車でスクラッチシールドを購入された場合、説明書には、コンパウンドでは磨かないで下さい!!と書かれていますし、ディーラーさんからもコンパウンドで磨かないで下さいと言われます。

じゃぁ、どうすればいいか・・・

う~ん、企業秘密です(笑)リボルトグループでは、各店の情報やメーカー情報、ディーラー情報、整備情報などが入ってきます。
それらを元に、総合的に最適な施工技術を構築していきます。

このグループネットワーク情報を駆使できるところが、個人店との大きな違いでもあります。

日産のスクラッチシールド塗装でも、リボルトグループ各店では特殊な技術を使って、しっかりと仕上げることが出来ます。

施工後画像
綺麗に仕上がりました♪
施工後画像